行政書士を独学勉学│試験に受かるための知恵袋

女性

基礎から入る

独学での工夫した勉強方法について

女性

独学で司法書士を勉強するためには、まずは法律を基礎から勉強することが必要です。法学部等で法律を知っているのであれば基礎知識はありますが、初めての方は法律の基礎を学ぶことが必要です。そのためには、司法書士の基礎本を読むことが重要です。独学での学習の工夫点としては、時事の法律ネタを新聞やインターネットから情報入手して、それについて詳しく知ることで、時事ネタと法律が結びつくため理解度が増します。その他にも、法律の勉強会に定期的に参加することで、同じように独学で司法書士を目指す方と情報交換することも重要です。特に複数年の過去問題や模擬試験等を通じて点数アップを図ることで問題の質やレベルを理解でき、合格に近づけることができます。

司法書士の試験の傾向とトレンドについて

司法書士は国家資格の中でも合格が非常に難しいと言われています。毎年の合格率は3%程度であり難関試験の一つです。独学で合格するのは非常に大変ですが、模擬試験を積み上げながら合格に向けて努力することが重要です。問題の傾向とトレンドとしては、実務に即した内容が出題されるようになっています。司法書士は裁判所等で使用する公的書類を作成することが仕事であるため、裁判や役所関連の手続きや書類等に関連した問題が多く出題されています。また、その中でも細かい知識を問われる問題が多く実務経験があるほうが有利な試験でもあります。そういった観点で書籍を読みながら勉強を積み重ねることで、実務経験が少なくても合格が可能です。友人等で司法書士の方がいれば、仕事内容や試験での工夫点をヒアリングすることも重要です。